知られざる草むしりの危険性〜厄介な害虫やアレルギー〜

長時間の草むしりが原因で

草むしりは簡単に行なえる作業ではありません。以下は、草むしりによって大きな負担を被った人の意見です。

草むしり中にアレルギーが出た(58歳/女性/パート)

私は庭で小さな家庭菜園を行なっており、頻繁に邪魔な雑草を取り除いています。しかし最近になって、草むしりをしていると腕によく発疹が現れるようになり、病院で診察を受けたんです。すると、どうも発疹の原因は雑草のアレルギー反応だということがわかりました。今では痒みのため、まともに草むしりもできません。

毛虫を触ってしまった(55歳/女性/専業主婦)

私は庭で椿の花を育てているのですが、春先に手入れを行なっていたところ、葉の裏にいた毛虫に刺されてしまいました。刺された後、全身に蕁麻疹が現れてしまい、すぐに皮膚科で治療を受けました。今では夏でも長袖・手袋着用でなければ恐ろしくて手入れもできません。

しゃがんで草むしりをして身体に負担が(58歳/男性/会社経営)

趣味のガーデニングのために、よくいらない雑草を処分しているのですが、最近ではこの草むしりでも体に大きな負担がかかるようになりました。長時間しゃがみながら作業をするので、草むしりの翌日には腰痛や膝痛、手の腱鞘炎によく悩まされています。

剪定をすることによるメリット

このように自分で草むしりをして雑草の処理を行なうと、さまざまなトラブルに遭遇してしまう可能性がります。このようなトラブルを避けたい人は専門の業者に草むしりを依頼してみましょう。業者に草むしりをお願いすることで広範囲に生えた庭の雑草を1本も残さずに綺麗に除去してくれます。集めた雑草は集積し、業者がその日の内に処分まで行ないます。悪臭や害虫発生の元となる雑草を燃えるゴミに日まで待たずに除去できるので、非常に便利なのです。 "

TOPボタン