雑草がもたらす健康被害【草むしりで害虫対策】

雑草が引き起こす被害

庭に生えている雑草を放置したままにしていると、さまざまな被害を受ける可能性があります。実際にどのような被害が起こるのか確認しておきましょう。

雑草は害虫にとって最適の住処

雑草が生い茂る場所は、害虫にとって身を隠しやすく、またエサも豊富であることから、最適な住処となります。刺されると患部が腫れるイラガ等の毛虫や、危険なウィルスを媒介する蚊、咬まれると人の命を脅かすマダニやセアカゴケグモなどの虫も生息するようになります。これらの危険な虫から身を守るために、雑草が生えた場合は定期的に草むしりを行ないましょう。

草むしりを依頼する場合、最適なタイミングは雨上がり後でしょう。 土が水分を吸うことで柔らかくなるので、草むしりがスムーズにできるようになります。このタイミングで業者に依頼すれば、作業時間の短縮や根が残ることでの雑草の再発が防げるなどのメリットが得られます。

雑草の草むしりは重労働となるため、特に体力が衰えている高齢の人にはつらい作業となるでしょう。業者に草むしりの代行を依頼すれば、負担なく庭を最適な状態にしてくれます。取り除いた草は業者が処分してくれるので、後始末も楽になるのです。

TOPボタン